おげいはんと17の世界遺産②宇治上神社

おげいはんと17の世界遺産

②宇治上神社

1k地点 

予定到着時間
7時7分

b0136931_12141968.jpg


創建の年代も定かではない社。しかし、その内に秘められた歴史は深い。まつられている応神天皇、仁徳天皇、菟道稚郎子(うじのわきのいらつこ)は、「古事記」や「日本書紀」に登場する古墳時代の皇族。明治期までは隣接する宇治神社と二社一体で、地域の氏神として敬われてきた。

 また、同じ宇治にある世界遺産「平等院鳳凰堂」との位置関係から、お互いが宇治川をはさんで向きあうように建立されたと考えられている。現世の極楽をあらわす平等院にとって、日の出る方角、そして彼岸にあたる川向こうの宇治上神社は特別な存在だったと想像される。
. さらに、近年行われた建材の年代測定により、本殿が平等院とほぼ同時期に建立されたと判明。両寺社の関係をより深く裏付けた。そして同時に分かったのは、この本殿が現存する日本最古の神社建築だということ。左殿、右殿、中殿の三棟からなる本殿は、屋根ごとすっぽり覆屋に囲われており、一見したところ神社とも思えない。

 しかし内側にほどこされた装飾や扉絵は、どれも歴史的に貴重なものばかり。ひっそりとした外観からは計り知れない価値を持つ、まさに秘宝というべき世界遺産である。

残すは⑮箇所 

はたして...
[PR]