<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


いよいよ
大阪国際女子マラソン
おっさんの部のスタートが近づいてきました

スタートは
1月29日(日)12時10分

スタート場所は
JR環状線大阪城公園駅付近

ホラポスはちみつ隊
ショッカーAさん作成のプランはこれ ↓
b0136931_10571068.jpg


黄色い箇所で応援してくれるそうです

応援隊の集合時間は
11時30分 大阪城ホール横太陽の広場です

わからなければ監督へ連絡して下さい

【参加者】
・ミカンさん
  1週前の高槻ハーフでひとたたき 
  1時間30分切りを狙う

・末まっちゃん
  最近、調子は下降気味
  やる気を出すのダ!

・ぐっさん
  神戸マラソンでのサブ3.5はお見事!
  ますます上昇のぐっさん
  はたしてハーフは?
  この大会は仮装禁止です(笑)

・王子
  最近、夜勤が多く
  思うように練習できでいない
  しかし、元々の脚力があるので
  95分切りを目指す

・ryuji1962
  とうとう禁煙より1年
  解禁にする為にも何とか95分切りを
  えっ? 解禁ならんの?

【応援隊】
・和尚
  まさかの骨折(治療中)
  練習できないと嘆いてます?
  が何か?

・はちみつ屋さん
  応援に対する気合い充分
  来月の泉州の刺激になればいいけど

・ショッカーAちゃん
  こんな顔してるけどしんどいんです
  何か? キェー

その他、皆さんの応援を待ってます

こんなコース
(昨年と少し変わってる)
b0136931_11112990.jpg

[PR]
おげいはんと17の世界遺産

②宇治上神社

1k地点 

予定到着時間
7時7分

b0136931_12141968.jpg


創建の年代も定かではない社。しかし、その内に秘められた歴史は深い。まつられている応神天皇、仁徳天皇、菟道稚郎子(うじのわきのいらつこ)は、「古事記」や「日本書紀」に登場する古墳時代の皇族。明治期までは隣接する宇治神社と二社一体で、地域の氏神として敬われてきた。

 また、同じ宇治にある世界遺産「平等院鳳凰堂」との位置関係から、お互いが宇治川をはさんで向きあうように建立されたと考えられている。現世の極楽をあらわす平等院にとって、日の出る方角、そして彼岸にあたる川向こうの宇治上神社は特別な存在だったと想像される。
. さらに、近年行われた建材の年代測定により、本殿が平等院とほぼ同時期に建立されたと判明。両寺社の関係をより深く裏付けた。そして同時に分かったのは、この本殿が現存する日本最古の神社建築だということ。左殿、右殿、中殿の三棟からなる本殿は、屋根ごとすっぽり覆屋に囲われており、一見したところ神社とも思えない。

 しかし内側にほどこされた装飾や扉絵は、どれも歴史的に貴重なものばかり。ひっそりとした外観からは計り知れない価値を持つ、まさに秘宝というべき世界遺産である。

残すは⑮箇所 

はたして...
[PR]
おげいはんと17の世界遺産

①宇治平等院

1k地点 

予定到着時間
7時7分

b0136931_10533480.jpg


1052年。平等院が生まれたこの年には、特別な意味がある。ちょうど貴族政治が揺らぎはじめた平安中期のこと。不安定な社会で広まっていた〝末法思想〟において、仏法の力が衰えだす最初の年とされていたのだ。

 その翌年、時の権力者である藤原頼通によって建てられたのが、極楽浄土への憧れを現実にした阿弥陀堂。浄土の宝池に浮かび、鳥が両翼を広げたような姿から、後に「鳳凰堂」と呼ばれる芸術的な建物である。
. 左右の廊下は二層構造で楼閣を戴くものの実用性は一切なく、純粋に見た目の美しさと軽快さを追求したデザインとなっている。さらに堂内はすみずみまで緻密な彩色文様や装飾におおわれ、平安貴族の優美な感性に圧倒される。

 この「鳳凰堂」は姿形が優れているだけでなく、藤原摂関時代の栄華を伝えるほぼ唯一の貴重な存在。古くから交通の要所で、合戦の舞台にもなった宇治で、奇跡的に当初の姿を保ちつづけてきた。

 さらに近年の調査から、創建当時の鳳凰堂を復元する取り組みも進行。無常な世の中で、不変の美や安らぎに憧れる人々の想いが、この建物に不死鳥のような生命力を与えている。

b0136931_1117787.jpg


旅は始まったばかり

残すは⑯箇所
[PR]